住宅関連情報

09/12/15住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

住宅エコポイント/今月8日着工から対象/年内の工事増促進

 政府は15日、省エネルギー性能が高い新築住宅などにポイントを与える追加経済対策「住宅版エコポイント制度」の対象について、12月8日以降に着工、2009年度2次補正予算の成立日以降に工事が完了し引き渡された住宅に変更すると発表した。

 8日に追加経済対策を閣議決定した際は「来年1月1日以降に着工した住宅」を対象としたが、年内の新築を促進するため前倒しした。新築一戸建て住宅には30万円相当のポイントが付与される。新築マンションのポイントは検討中。

 木造の新築一戸建て住宅の場合、省エネ基準を満たす物件に限定される。木造以外の場合は、省エネ基準を満たすとともに、エネルギー効率の良い家電製品を設置するなど、省エネ法が定める「トップランナー基準」に相当する物件が対象。いずれも第三者機関の認定が必要だ。

 中古住宅の断熱改修などのリフォームについては、これまで通り2次補正予算成立後に工事が完了し引き渡された物件が対象。内窓(二重サッシ)や複層ガラスを設置したり、外壁や天井、床に断熱材を入れたりすることが条件となる。

一覧

ページの先頭