住宅関連情報

10/1/21住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

山陰合銀など17行/CO2削減活動へ投資/カード共同購入/住宅ローン利用者へ

 全国の地方銀行でつくる地銀住宅ローン共同研究会(56銀行)のうち、山陰合同銀行(松江市魚町)はこのほど、同研究会の16銀行とともに「カーボンオフセット付きクオカード」を共同購入すると発表した。同クオカードを新規住宅ローン契約者に贈り、地球温暖化防止への意識を高めてもらう。

 カーボンオフセットはCO2削減努力を行い、削減しきれなかった排出量に見合ったCO2削減活動に投資する仕組み。17銀行は資金を出し合って、国民1人が1日に排出するCO21万3800人分に当たる82・8トンを相殺できるクオカードを購入、住宅ローン利用者に贈ることにした。山陰合銀は4月以降、新規契約者にカーボンオフセットの説明書を付けた同カードを贈呈する取り組みを行う。

 同研究会は2008年5月に発足し、これまでに女性専用住宅ローンを取り扱ったり、「グリーン電力証書」を共同購入して住宅ローン契約者に贈呈したりしている。

一覧

ページの先頭