住宅関連情報

10/3/19住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

省エネ診断効果紹介/松江/県内企業向け研修会

 地球温暖化問題に注目が集まる中、島根県内の中小企業などの対応を支援する「省エネルギー診断研修会」がこのほど、松江市内であった。省エネ診断に携わる企業の担当者が、診断の手法や活用法を紹介し、その効果をアピールした。

 省エネ診断は、エコアドバイザーが、エネルギーのコスト負担に着目する企業の事業所や施設を現場診断し、供給熱源システムの見直し・更新といった設備改善や、運用方法の改善 を提言する仕組み。企業にとっては、二酸化炭素の排出量を削減し温暖化防止に貢献できるほか、光熱費を抑制できる利点がある。

 研修会では、診断に携わる三機工業中国支店(広島市)の片内良平営業副部長らが、非常灯を通常時は消灯して電気使用量の削減を図るなど、省エネ手法を具体的に説明。

 また、企業のエネルギーコンサルタントに携わるKPO(松江市西津田3丁目)のエネルギー管理士・三宅正治氏は電力の使用量や料金などのデータ管理の重要性を説き、「売り上 げや生産量と結び付ければ活用しやすい」とアドバイスした。

 研修会は、県地球温暖化対策協議会事業者部会と県中小企業団体中央会などが企画。行政機関を含む県内の21事業所・団体から27人が参加した。

 同中央会によると、2007年度からの3年間で、県内の68施設が省エネ診断を受けたという。

一覧

ページの先頭