住宅関連情報

10/3/29住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

島根県内14人がアドバイザーに/省エネエコ/育成セミナー終える

 島根県中小企業団体中央会などが昨年11月から行ってきた「省エネエコアドバイザー育成セミナー」が17日終了し、計10回のカリキュラムを受講した14人が、松江市内であった修了式で証書を受け取り、エコアドバイザーとしての第一歩を踏み出した。

 セミナーは、事業所や施設の省エネ診断を行い、設備の更新や運用改善を提言して二酸化炭素(CO2)の排出量を減らし、温暖化抑制に導くエコアドバイザーの育成が目的。県内 在住のアドバイザーは1人しかおらず、新たな人材の育成が急務になっていた。

 昨年11月にスタートしたセミナーでは、山武ビルシステムカンパニー中四国支店(広島市)のエネルギー管理士・冨田安夫氏が、実地研修を交え、CO2排出量の算定方法や、省 エネ関連の法律などを伝授してきた。

 県内の企業や事務所から参加した14人は、ほとんど休むことなく、すべてのカリキュラムを修了。県環境政策課の松浦芳彦課長から修了証書を受けた飯島幸信さん(61)=山陰 温調工業=は「明日から、中小企業のエネルギーのコストダウンや、経済活性化に貢献したい」と、受講生を代表して決意を述べた。

一覧

ページの先頭