住宅関連情報

10/7/27住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

石州瓦の出荷5%減1800万枚/住宅市場依然厳しく/4~6月

 島根県西部のブランド品・石州瓦の4~6月の出荷枚数は約1800万枚で、前年同期比5%減にとどまったことが石州瓦工業組合(江津市嘉久志町)のまとめで分かった。主要出荷先の九州や中国地方で、住宅市場が依然厳しい状況にあることが響いた。

 4月の全国の新設住宅着工戸数は、首都圏などが伸びて前年同月比0・6%増の6万6568戸となり、1年5カ月ぶりに前年同月実績を上回った。ただ、石州瓦の出荷先の8割以上を占める中国地方と九州地方は、逆に前年同月実績を割り込んだ。

 全国の着工戸数が同4・6%減になった5月は、九州、中国とも全国の減少率を上回った。石州瓦の出荷枚数は4~6月とも前年同 月実績を割り込む結果となった。

 全体の出荷枚数の約17%を占める島根県内の出荷枚数は3カ月間で計約310万枚で、前年同期比0・5%減だった。

 同県は、昨年度から住宅建設や屋根のふき替えなどで石州瓦を使った場合の助成制度を続けている。4~6月の申請件数は、前年同期より90件少ない284件にとどまっているが、同組合は出荷の下支え効果は果たしているとみている。

一覧

ページの先頭