住宅関連情報

11/1/31住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

太陽光発電電力買い取り/家庭で年200円上乗せ/中電

 中国電力は14日、国の太陽光発電の余剰電力買い取り制度に基づく、一般家庭や事業所の電気料金への上乗せ額が1キロワット時当たり5~6銭になることを明らかにした。1カ月に300キロワット時使用する標準家庭では、年間200円程度となり4月以降、毎月の電気料金に15~18円程度上乗せする見通し。

 同制度は太陽光発電の普及によるエネルギー自給率の向上や地球温暖化対策、環境関連産業の成長が目的で、2009年11月に始まった。

 電力会社が家庭の太陽光発電による余剰電力を1キロワット時当たり48円で買い取り、翌年4月以降、前年1~12月の買い取り費用を電気料金に上乗せして回収する。2009年は買い取り対象期間が短かったため、電力各社は上乗せを見送っていた。

 中電によると10年11月末現在、余剰電力の買い取り契約をしている住宅や事業所は、中国5県を中心とする同社管内で6万5022件で、買い取り電力量は25万800キロワット。このうち島根県は5417件で2万1800キロワット、鳥取県は3368件で1万3400キロワット。

 太陽光発電の普及で契約件数は、管内全体で月1千件のペースで伸びているという。中電は今月中に11年度の上乗せ額を正式に発表して、電気利用者に周知する考え。

一覧

ページの先頭