住宅関連情報

11/2/24住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

雲南市/耐震改修の助成金/11年度創設/木造住宅対象に

 雲南市は一般住宅の耐震化を促す助成制度を2011年度から導入する。強度の診断や設計、耐震改修、解体の4事業が対象で、関連予算を来月3日開会予定の3月定例市議会に提案する。

 市の耐震改修促進計画(08年12月)で、耐震化が必要な一般住宅約1万3300世帯のうち、10年9月末現在で未改修は推定で約5800世帯。住宅耐震化率56%で、県平均を約9ポイント下回っている。

 助成制度の対象住宅は、1981年5月以前の旧耐震基準に基づき建てられた木造物件。事業期間は11年度から3年間を予定し、初年度の募集戸数は▽「耐震診断」約25件▽設計費用を負担する「補強計画」、改修、解体工事が各約5件-を見込んでいる。それぞれの助成の上限は6万~80万円。

 財源は国の地域住宅公金事業を活用し、初年度の総事業費は約800万円を予定している。

一覧

ページの先頭