住宅関連情報

14/1/31住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

新築住宅の課税減免条例案修正案を可決/雲南市臨時議会

雲南市議会は27日、臨時会を開き、新築住宅の固定資産税の一部を課税免除する条例案について、市内業者による施行条件を盛り込んだ修正案を可決した。

 同条例案をめぐっては、2013年12月定例会で、議会側から地域経済の活性化を図る内容が盛り込まれていないなどと意見が出て、継続審査になっていた。

 このため、市は市内在住者が14年4月1日~17年1月1日までに引き渡しをされた一戸建ての新築住宅に対し、市内業者が施工した場合の減免期間を3年間から5年間に修正。UIターン者の場合と同期間に改めた。

 同条例は14年4月1日から。延べ床面積50~280平方メートルの新築住宅のうち、120平方メートル分までの固定資産税の2分の1を課税免除する。

一覧

ページの先頭