住宅関連情報

14/5/23住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

桧家HDのモデルハウス/今岡工業が松江にオープン/フランチャイズで山陰第1号

 総合建設業の今岡工業(株)(出雲市塩冶神前2丁目、今岡幹晴社長)が松江市学園1丁目に、注文住宅「桧家住宅」などを手掛ける(株)桧家ホールディングス(HD、東京都)の、山陰両県でフランチャイズチェーン(FC)第1号となるモデルハウスをオープンした。同住宅独自の工法によって実現した高気密、高断熱のエコハウスをPRし、消費税率引き上げで低下が懸念される住宅需要の掘り起こしを狙う。


 桧家住宅は同HDのグループ会社が扱う、発泡性の断熱素材「アクアフォーム」による泡断熱を標準仕様とし、アルミシートでの遮熱と組み合わせた「Wバリア工法」で年間を通して暑さ、寒さを遮断。太陽光発電の売電収入と合わせた「光熱費ゼロ」が可能とし、「エコで快適な住まい」を提案している。

 モデルハウスはこのほか、屋上空間を庭園やリビングとして活用した「青空リビング」と、屋根の断熱性の向上で可能となった大規模な屋根裏収納を合わせた新しい設計プランとなっている。

 今岡工業の住宅部門は2年前、別の中堅住宅メーカーのFCから撤退。以来、自社の完全自由設計住宅を展開してきたが、消費税増税や人口減少など厳しい販売環境の中、高い技術を持つ桧家住宅と組むことで新たな顧客獲得を目指す。今岡社長は「建てて良かったと思われる住宅が提供できる」と話している

一覧

ページの先頭