ご購読はこちら
  新着情報    山陰経済ウイークリー    中央フォト    広告案内    さんさん    出版案内    政経懇話会    サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療こども文化センターいわみ情報局山陰インド協会さんさんクラブ
女子ログあすへの絆生誕100年 中村元 人と思想くらしの相談室消費者トラブルを斬る新法律トラブルを斬るなるほど 生活設計 |
 ミニエッセー : 女子ログ 魚屋のおじちゃん

 私が小さい頃から毎週月曜日と木曜日は「魚屋さんが来る日」だ。昼食を食べていると呼び鈴が鳴り、「こんちは〜魚屋です」とおじちゃんの声がする。外には移動販売車が待っている。「今日は何がある?」「カンパチがええよ」「こりゃどうして食べるん?」「刺し身もええし、アラは煮つけにしてみんさい」などと会話をしながら新鮮な魚を買う。

 スーパーの魚の方が多少安いが、鮮度や種類、おじちゃんの人柄、会話などを加味すると、やはり魚屋さんだ。さらに、おじちゃんの奥さんが調理したアジの南蛮漬けが格別においしかった。おかげでわが家は昔からよく魚を食べた。

 私は魚がさばけなかったが、近頃は練習のために、さばいていない魚を買うようにしている。魚によってさばき方に違いがあり、買うたびにおじちゃんがこつを教えてくれる。おかげで少しずつ上達しているように思う。

 先日、いつものように呼び鈴が鳴った。しかし様子が違う。「もうたたむことにしたんじゃ」とおじちゃん。私は驚いて一気に寂しさが募り、涙をこらえた。平成元年に始めたという魚屋さん。近頃は仕入れる市場の魚も減って、移動販売車の調子も悪いそうだ。おじちゃんは寂しそうだったが、29年間早朝から市場に通い魚屋を続けたおじちゃんはかっこよく見えた。

(島根県津和野町・たまこ)

('17/05/19 無断転載禁止)

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...
購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 住まい | 健康・医療 | 学ぶ・働く | △上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞 | 室蘭民報 | 河北新報 | 東奥日報 | デーリー東北 | 秋田魁新報 | 山形新聞 | 岩手日報 | 福島民報 | 福島民友新聞 | 産業経済新聞  | 日本経済新聞 | ジャパンタイムズ | 下野新聞 | 茨城新聞 | 上毛新聞 | 千葉日報 | 神奈川新聞 | 埼玉新聞 | 山梨日日新聞 | 信濃毎日新聞 | 新潟日報  | 中日新聞 | 中部経済新聞 | 伊勢新聞 | 静岡新聞 | 岐阜新聞 | 北日本新聞 | 北國新聞 | 福井新聞 | 京都新聞 | 神戸新聞 | 奈良新聞  | 紀伊民報 | 山陽新聞 | 中国新聞 | 日本海新聞 | 山口新聞 | 山陰中央新報 | 四国新聞 | 愛媛新聞 | 徳島新聞 | 高知新聞 | 西日本新聞 | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞 | 長崎新聞 | 佐賀新聞 | 熊本日日新聞 | 南日本新聞 | 沖縄タイムス | 琉球新報 | 共同通信