ご購読はこちら
  新着情報    山陰経済ウイークリー    中央フォト    広告案内    さんさん    出版案内    政経懇話会    サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
| 石見のお宝紹介 | 国宝 松江城 | 命を守る 高速道路へ
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療学ぶ・働く文化センターいわみ情報局山陰インド協会
 07参院選 :  参院選「山陰が天王山」と大物続々
 ここが天王山−。年金問題や閣僚辞任の逆風で、自民党劣勢が伝えられる中で迎えた参院選。公示日の十二日、じりじりと戦線が後退する自民党の現状を物語るように、強固な地盤を誇る山陰両県の「一人区」が、全国屈指の激戦地の様相を呈し始めた。与野党の天下分け目の戦いは、山陰を主戦場に幕を開けた。

 「自民の牙城陥落」を狙う民主党は同日、鳥取に小沢一郎代表、島根に岡田克也元代表を投入。連合の高木剛会長も支援に駆け付けて攻勢を掛けた。自民党も、鳥取には麻生太郎外相、島根は三年前の自身の選挙ですら県外の応援に回った青木幹雄参院議員会長が、初日に陣取る布陣で対抗。

 「鳥取、島根で勝つことは全国で勝つということ」と断言する小沢代表。鳥取空港でチャーター機を降り、向かった先は八頭町。保守層を切り崩す戦術そのままに、自民の牙城・農山村に切り込んだ。

 役場前で約五百人に「自公政権は自由競争一辺倒。野放しすれば弱肉強食、けだものの世界になる」。若桜谷に響く政権交代の声。握手の順番を待って歩道に居並ぶ有権者。小沢氏迎撃とばかりに前夜、自民党員が周囲に張り付けた安倍首相の政党ポスターも、人だかりに埋没した。

 「小沢一郎が入ったんだって。だから来た」。夕方、JR鳥取駅そばに立ったのは麻生太郎外相。小沢氏に出身地へ乗り込まれた石破茂自民党県連会長の強い要請で、前日に急きょ来県を決めた。

 麻生氏は「自民が完ぺきなんて言うつもりはない。欠点、失敗はいくつもある」と安倍内閣への批判をかわし、年金記録不備の失点を強調する民主党を非難。「影響力のない野党を通してどうするんだ」と訴えた。

 遊説先の県西部からJRでとんぼ返りの石破氏は「私の八頭に小沢さんが入った」とほおを紅潮させ「無責任勢力から鳥取を守る」と語気を強めた。

 島根では、参院を仕切る青木幹雄参院議員会長が声を張り上げた。「かつて自民党で外に出る人、政党を渡り歩く人がたくさん出て『失われた十年』という時期があった」

 松江市内の午前の演説で念頭にあったのは、一九九三年に宮沢内閣不信任案に賛成し、自民党を割った小沢代表だ。

 焦点の年金問題の解決には「政局の安定が一番。自公が一致結束し、過半数を守らないといけない」と繰り返した。めったに相手の批判をしない青木氏が、「政界の壊し屋」との異名を取る小沢氏に、厳しい言葉を浴びせた。

 野党陣営も負けてはいない。自身が代表を務めた三年前の参院選では訪れることがなかった岡田克也元民主党代表が、自民王国のおひざ元・斐川町で熱弁を振るった。

 「竹下王国と言われ、公共事業を持ってきて潤ったが、それで県民全体が潤うことはない」。緑資源機構などによる官製談合事件の舞台となった熊本から島根入り。「手応えあり」の思いを抱いたと締めくくった。

 タッグを組む高木剛連合会長も「島根で議席が取れるなら、与野党逆転に向けて非常に大きなポイント」と訴えた。

('07/07/13 無断転載禁止)

ロード中 関連記事を取得中...
ホームページフォト特集 一覧
宍道湖一周
駅伝2016

島根県中学
駅伝2016
島根県高校
総体2016
一畑薬師
マラソン2016
 ・紙面掲載写真お分けします
購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 生活 | 健康・医療 | 学ぶ・働く | △上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞  | 室蘭民報  | 河北新報  | 東奥日報  | デーリー東北  | 秋田魁新報  | 山形新聞  | 岩手日報  | 福島民報  | 福島民友新聞  | 産業経済新聞  | 日本経済新聞  | ジャパンタイムズ  | 下野新聞  | 茨城新聞  | 上毛新聞  | 千葉日報  | 神奈川新聞  | 埼玉新聞  | 山梨日日新聞  | 信濃毎日新聞  | 新潟日報  | 中日新聞  | 中部経済新聞  | 伊勢新聞  | 静岡新聞  | 岐阜新聞  | 北日本新聞  | 北國新聞  | 福井新聞  | 京都新聞  | 神戸新聞  | 奈良新聞  | 紀伊民報  | 山陽新聞  | 中国新聞  | 日本海新聞  | 山口新聞  | 山陰中央新報  | 四国新聞  | 愛媛新聞  | 徳島新聞  | 高知新聞  | 西日本新聞  | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞  | 長崎新聞  | 佐賀新聞  | 熊本日日新聞  | 南日本新聞  | 沖縄タイムス  | 琉球新報  | 共同通信