ご購読はこちら
  新着情報    山陰経済ウイークリー    中央フォト    広告案内    さんさん    出版案内    政経懇話会    サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
| 石見のお宝紹介 | 国宝 松江城 | 命を守る 高速道路へ
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療学ぶ・働く文化センターいわみ情報局山陰インド協会
 石見のお宝紹介 :  (91)神宝山八幡宮の天井絵(益田)
江戸時代の作と伝えられる神宝山八幡宮の舞殿の天井絵
舞殿を彩る先人の思い

 益田市美都町仙道の丘陵地に位置する神宝山(しんぽうざん)八幡宮の境内に立つ舞殿には、江戸時代に描かれたとみられる29枚の天井絵が現存し、往時の氏子たちのあつい信仰を伝えている。

 神楽舞が奉納される舞殿を彩る約90センチ四方の板絵は、恵比須(えびす)がタイを釣り上げた場面や、波とウサギ、鶴など、おなじみのめでたい題材を生き生きと描いた色彩豊かな作品が目を引く。虎を描いた図柄もあり、服装や背景から、中国の故事などを題材にしたとみられ、絵師の技量と高い教養がうかがえる。

 草野宝(たから)宮司(66)は、舞殿の奥に掲げられた絵馬に「文化」の文字が読み取れることから、「今から約200年前の文化年間(1804〜18年)に描かれたのではないか」と推測する。

 神宝山八幡宮は、社伝によると954(天暦8)年に勧請(かんじょう)されたとされ、中世に益田を治めた益田氏の庇護(ひご)を受けた由緒ある神社だ。益田氏第11代当主・益田兼見(かねみ)が、子孫が大事にすべき寺や神社を記した1383(永徳3)年の置文に「東山道(せんどう)八幡宮」としてその名が見える。舞殿の彫刻には「上り藤に久」の益田氏の家紋が確認でき、強いつながりが見て取れる。

 豪華な天井絵は、1600(慶長5)年の関ケ原の戦いの後、益田氏が益田を離れ、須佐(山口県萩市)に移っても、八幡宮への地域住民の崇敬が変わらなかったことの証左だろう。

 今も秋祭りでは、地元の神楽社中が舞殿で奉納舞を披露する。舞い手や観客を長年、見守り続けてきた天井絵を眺めながら、草野宮司は「天井絵からは、舞殿を彩り、舞台を盛り上げようという先人の思いが感じられる。興味がある人はいつでも自由に見てほしい」と話した。

('17/04/27 無断転載禁止)

ロード中 関連記事を取得中...
ホームページフォト特集 一覧
宍道湖一周
駅伝2016

島根県中学
駅伝2016
島根県高校
総体2016
一畑薬師
マラソン2016
 ・紙面掲載写真お分けします
購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 生活 | 健康・医療 | 学ぶ・働く | △上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞  | 室蘭民報  | 河北新報  | 東奥日報  | デーリー東北  | 秋田魁新報  | 山形新聞  | 岩手日報  | 福島民報  | 福島民友新聞  | 産業経済新聞  | 日本経済新聞  | ジャパンタイムズ  | 下野新聞  | 茨城新聞  | 上毛新聞  | 千葉日報  | 神奈川新聞  | 埼玉新聞  | 山梨日日新聞  | 信濃毎日新聞  | 新潟日報  | 中日新聞  | 中部経済新聞  | 伊勢新聞  | 静岡新聞  | 岐阜新聞  | 北日本新聞  | 北國新聞  | 福井新聞  | 京都新聞  | 神戸新聞  | 奈良新聞  | 紀伊民報  | 山陽新聞  | 中国新聞  | 日本海新聞  | 山口新聞  | 山陰中央新報  | 四国新聞  | 愛媛新聞  | 徳島新聞  | 高知新聞  | 西日本新聞  | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞  | 長崎新聞  | 佐賀新聞  | 熊本日日新聞  | 南日本新聞  | 沖縄タイムス  | 琉球新報  | 共同通信