子どもたちが体を使って遊びながら歌い継いできた「わらべうた」。その魅力を伝えようと、松江市内で定期的に親しむ会が開かれている。ゲームやスマートフォンの普及で、幼児期からの“メディア漬け”が懸念される中、身一つで簡単に遊べて楽しく、コミュニケーション力向上にもつながりそうな点に注目だ。
                    ※詳しくは10月13日付の紙面をご覧ください

 おやゆびねむれ♪

おやゆびねむれ さしゆびも

なかゆび べにゆび こゆびみな

ねねしな ねねしな ねんねしな







 こりゃどこのじぞうさん♪

こりゃどこのじぞうさん

うみのはたのじぞうさん

うみにつけて どぼ~ん






 だいせんのやまから♪

だいせんのやまから

おおかぜふいてこいよぉ

それ~!






 どんぐりころちゃん♪

どんぐりころちゃん

あたまわとんがって

おしりはぺっちゃんこ

どんぐりはちくりしょ




 にぎりぱっちり♪

にぎりぱっちり

たてよこひよこ



にぎりぱっちり

たてよこひよこ



山陰中央新報社The San-in Chuo Shimpo