第2回連歌甲子園入選句

◎一部、添削した作品があります。ご了承ください。

 

 ◆課題1◆
  ………………………………
  数学のにがてな君も大丈夫
  ………………………………

【大賞】
私の指も貸してあげるよ
 (大東) 井田 めぐみ
 【評】人の指を借りるにしても、せいぜい20まで。それぐらいの計算はだれでもできそうなもの。極端な誇張で大賞獲得!

 

【優秀賞】
星の数だけ人生がある
 (北海道・北嶺) 泉 正彦
 【評】人生さまざま、おおらかに生きましょう。もっとも、この句、単なる開き直りとも取れないことはない。

のび太くんより点数いいじゃん
 (出雲工) 内田 拓也
 【評】のび太くんと比べて慰められるのは、ちょっと寂しい。でも、それを寂しいと感じないぐらいの明るさがあれば、数学の苦手な君も大丈夫。

大恋愛に公式はない
 (境港総合技術) 西山 亮太
 【評】ごもっとも。前句の「数学」とぜんぜん関係のない「恋愛」を持ってきたところがおもしろい。しかも、「公式」という「数学」の縁語を用いた点が、お手柄。

家庭教師と恋に落ちた日
 (大東) 渡部 智樹
 【評】これも恋の句。でも、こちらは多少、打算めいたものを感じないでもない。昔のことばで「色仕掛け」という。それよりはずっとドライな感じではありますが…。

お申し込みはフリーダイヤル
 (川本) 上田 晋司
 【評】前句を塾かなにかの広告と取った作品。そのテの作品は数多くあったのですが、これは、その宣伝の文句をそのまま続けたおもしろさ。「フリーダイヤル」というのが、いかにもありそうで。

税込み価格のコンビニのレジ
 (浜田水) 坂本 珠里
 【評】100円ショップで買い物するなら消費税はすぐ計算できるけれど、110円の缶コーヒーになると、もうややこしい。レジに任せておくのが一番。ただし、この句は売るほうの立場らしい。学生アルバイトか。

家庭科もある体育もある
 (川本) 竹下 順子
 【評】もちろんいろんな科目があります。でも、ここは、家庭科と体育を持ってきたところがミソ。国語と英語みたいな、いわゆる「主要」科目だったら、ぜんぜんおもしろくない。

貼り紙見つけ飛び込んだ夏
 (浜田水) 永見 有佳子
 【評】「飛び込んだ夏」という言葉の続けかたは素人ばなれしている。加えて、だまされた、なんてぜんぜん言ってないのに、後悔の念が言外に表現されていてお見事。

教えるあの子はまだ小学生
 (大東) 原 希望
 【評】家庭教師を頼まれたけど、自信はない。自信はないけど、やっちゃえ。子供の親にとってはいい迷惑。お金をドブに捨てるようなもの。

円周率は3になるから
 (出雲) 吉岡 美貴
 【評】円周率が3に「なる」わけはもちろんないけれど、こう言い切ったところがおもしろい。「ゆとり教育」がゆとりになっていないことに対する痛烈な批判。  

 

 ◆課題2◆
  …………………………………
  もういいかげん覚えてください
  …………………………………

【大賞】
体操と新体操は別競技
 (開星) 福田 真大
 【評】なるほど、ことばは似ているけれど、中身はぜんぜん違う。うまく思いついたものです。選考委員全員絶賛!

 

【優秀賞】
中川家小さいほうがお兄さん
 (境港工) 足立 直也
 【評】漫才コンビにはよくあること。ふつうの兄弟でもよくあること。神様のいたずらか。

僕の名はヒラメではないカレイです
 (江津工) 都志見 かおり
 【評】とうぜん人間の話と思わせておいて、実は魚、という意外性。ヒラメとカレイとは、素人目にはたしかにまぎらわしい。ちなみに、目が左に偏っているのがヒラメです。「ヒ」がつくからと覚えましょう。

何回も君んちどこと聞くあなた
 (熊本・県立第二) 野田 聡美
 【評】よっぽど物覚えが悪いのか。いやいや、そうではありますまい。どうやら相手の気を引こうとしているのらしい。度を越すとストーカーになる。

貝殻は何だかんだで燃えるゴミ
 (浜田商) 中野 雄大
 【評】貝殻が燃えるゴミ? 私も早速、松江市のホームページで確かめてみました。間違いありません、燃えるゴミでした。「何だかんだで」とは書いていませんでしたが。

パソコンに言われてるよな気がします
 (出雲工) 山崎 佳奈子
 【評】身につまされます、私も。でも、これ、ほんとうは人間が悪いわけじゃない。テレビみたいに簡単に扱えるように、早くならない機械が悪い。

あと五万お金出したくないでしょう
 (愛知・豊橋) 鳥居 和人
 【評】自動車学校の補習でしょうか。補習をすれば学校はもうかるはずですが、この生徒には先生もよっぽどネを上げている様子。早く卒業してくれ!

島根って砂丘があるんですよねぇ
 (開星) 中野 加奈子
 【評】島根県と鳥取県、隣どおしで、字も似ている。それにしても、鳥取砂丘が島根になんかあるわけない、と山陰の人間なら思いますが。でも、甲子園って大阪じゃなかったんですかねぇ。

そこのネコお前の家はとなりだぞ
 (大東) 佐藤 智昭
 【評】ネコというのは、よその庭でも平気で入ってくる。あれ、知っていて入ってくるんですね。だから、ほんとうは、こんなこと言ってもムダなのです。

違いますうちはソバ屋じゃありません
 (大東) 田中 一樹
 【評】いつもいつもソバ屋と間違えられたんじゃたまらない。相手がそそっかしいのだから、たまにはすなおに注文を受けておきましょう。まいどあり~ッ!

なぜするのオテと言うのにオスワリを
 (浜田水) 松本 章宏
 【評】このワンちゃんはほんとにダメなのか。何かは確かに覚えております。利口でないとは言い切れない。人間だったら、ちょっと始末におえないタイプ。

2017年5月13日 無断転載禁止

こども新聞