第7回連歌甲子園入選句

◎一部、添削した作品があります。ご了承ください。

 

 

◆課題1◆
 …………………………………………
  だれよりも君にあげたい金メダル
 …………………………………………

【大賞】
スピード社製レーザーレーサー
 (松江北1年)岡本  崇
 表向きは、レーザーレーサーへの称賛。その実、レーザーレーサーのおかげでメダルを獲(と)った選手への揶揄(やゆ)か。さらにいえば、近年のオリンピックのありかたに疑問を投げかけたとも取れる、壮大な諷刺句(ふうしく)!

 

【優秀賞】
裏は見るなと念を押しつつ
 (松江工3年)藤田枝理子
 ほとんど、見ろと言っているに等しい。もっとも、見るまでもなく、すぐバレそうなもの。

鏡見ながらそっとつぶやく
 (米子高専2年)丸田 修平
 「自分で自分をほめたい」と言ったのは、アトランタ五輪で銅メダルを獲った有森裕子さん。

悔し涙でつかめあしたを
 (横浜修悠館3年)中村 彰夫
 そう、悔し涙の次はうれし涙。それにしても、涙って不思議なものですね。

初めて寝返り打った甥っ子
 (開星3年)佐田 良太
 私は甥(おい)も姪(めい)もいなのですが、どんな感じなのですか。くすぐったいような気はしませんか。

サウイフモノニワタシハナリタイ
 (米子東1年)門脇 侑資
 金メダルをあげる人か、もらう人か。多分、もらう人なんでしょうね。原作の清廉(せいれん)さとは大違い。

ハンバーグ一つで御飯三杯
 (開星3年)足立 夢叶
 ひょっとして、これこそ賢治みたいな人? でも、栄養のかたよりには、くれぐれもご注意。

いつも笑顔でいてくれるから
 (立正大淞南1年)津江 舞香
 お父さん、お母さんだったら、教科書に出てくるような美談。でも、そんなはずはない…ですよね。

〇点取っても笑顔満点
 (横田1年)森原 法子
 題材は平凡だが、「〇点」と「満点」のコントラストがおもしろい。

よくぞ耐えてるのび太のワガママ
 (出雲工1年)伊藤 貴博
 「ジャイアンの…」じゃないのですね。つまり、ドラえもんに金メダル、ということですね。

銃弾の中命張る記者
 (松江工3年)福井 勇樹
 ミャンマーで銃弾に倒れた日本人カメラマンのことは記憶に生々しい。平和な世の中は永遠の夢か。

 

 ◆課題2◆
 …………………………………
  世界遺産に登録決定
 …………………………………

【大賞】
落書をされないように気をつけて
 (情報科学3年)須山  晃 
 落書は、するほうが悪いにきまっている。でも、最近はやりのことばで言えば、「管理責任」が問われます。世界遺産になったからといって、ただ喜んでいるわけにはいかない、という悲しい世相をじっくり見すえ秀句でした。

 

【優秀賞】
この村で出会う人たちみな笑顔
 (開星1年)参成 真弥
 無形文化財があるのだから、無形世界遺産というのがあってもよい。

人込みのせいで結局楽しめず
 (情報科学3年)稲田絵梨香
 観光客だけじゃなくって、受け入れ側にも悩みは多いようです。騒音とか排ガスとか…。

宍道湖の夕日を見ると泣けてくる
 (松江工3年)陶山 和哉
 この気持ち、分かります。私は「あーきのゆうひーに」という歌を聞くと泣けてくる。

波平の頭に残る一本毛
 (出雲工1年)高見 悠太
 波平さんの双子の兄弟海平さんは、髪の毛が二本あるのですよ。知らなかったでしょう。

何もないけれどきれいな隠岐島
 (松江工3年)長谷川広貴
 見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ 藤原定家

くいだおれ太郎ごくろうさまでした
 (山口・徳佐2年)松浦 誉典
 道頓堀のこの店には私もよく行きました。船場の料亭なんてのは縁がなかったけれど。

寝泊まりができなくなったおれの城
 (松江工3年)上村 俊介
 「城」をほんとうのお城と取って、そこに出てくる幽霊を考えてみても、おもしろいかも。

いつの間にきれいになったゴミ屋敷
 (松江工3年)那須 貴一
 きれいになりすぎて登録抹消、なんてことはないでしょうね。

その昔君と歩いたあの小道
 (横浜修悠館2年)矢野 雄也
 世界遺産になって、寂しい? 二人だけの秘密が、世間にバレたような気にもなる。

見た目よりきれいに映すブルーレイ
 (米子高専2年)梶間 光法
 若い人はいいですね。どんどん進化する情報機器! 年寄りいじめだワ!

2017年5月13日 無断転載禁止

こども新聞