第10回連歌甲子園入選句

◎一部、添削した作品があります。ご了承ください。

 

◆課題1◆
 …………………………………………
 追い抜いた人に抜かれる上り坂
 …………………………………………

【大賞】
学校帰りの恋のかけひき
 松江工3年 福田 康晃
 ライバルとの競走…、じゃない。「恋のかけひき」なんですね。このことば、光っています。

【優秀賞】
後ろから来る夏の雨雲
 松江高専1年 大平 義輝
 一瞬遅れればずぶ濡れ。急げ! 急げ!

思春期半ばで止まった身長
 東京・渋谷教育学園2年 斉田 もも
 弟や妹のほうが背が高い、なんてこともしばしばある。
 イラスト カールおじさん

籠に入れてた財布取られる 
 松江高専1年 藤原  伸
 これもよくあること、…では困るのだけど、とにかく物騒な世の中。

もう止めようか受験勉強
 神奈川・平塚養護2年 大家  涼
 がんばってください! 涼さんは、昨年に続いての入選。

営業グラフはいつも二番手
 大社・佐田3年 松崎 悠綺
 なにやかや言われながらも、スパコン「京」は世界一。

結果は下記のホームページで
 兵庫・神戸工2年 本多 佑希
 結果だけ後で知らされても、たいしておもしろくもない。

ちょっと寝ていただけだったのに
 吉賀3年 河野 智美
 「ウサギ」とも「カメ」とも、ことばに出さぬところが憎い。

毎朝同じ登校風景
 兵庫・東灘3年 三原瑛莉子
 で、いつもの人と会わないときは? それはきっと遅刻です。

なんだい僕に気でもあるのか
 松江工3年 小林 裕輔
 自意識過剰!

迫力あるな地デジ放送
 大東3年 野々村 真
 抜きつ抜かれつ、そのこと自体から、うまく離れた離れ技。

 

◆課題2◆
 ………………………………
  あわてて隠す先生の前
 ………………………………
【大賞】
信長にパンチパーマを落書きし
 出雲工1年 川島 悟史
 秀吉でも家康でもいいようなものの…、いやいや、やっぱり信長がいちばん似合いそう。

【優秀賞】
カーテンの裏からのぞく仔猫の尾
 情報科学3年 柏谷  泉
 拾ってきたのでしょう。家では飼ってくれないからって…。

リビングに干した下着がそのまんま
 松江工3年 和田 和希
 家庭訪問を忘れていた?

宿題を丸写しする昼休み
 松江高専1年 崎前 拓馬
 たいがい、すぐバレますけどね。

あと五分待てずに開けたお弁当
 兵庫・北摂三田2年 中澤 南美
 わずか五分…、じゃないのですね。若い人には…。

泣き顔でお別れするの嫌だから
 松江商3年 山田 達也
 これはまたいじらしい。こちらも泣いてしまいそう。

恥ずかしい昨日前髪切りすぎて
 三重・津田学園3年 田尾優里香
 よく見せて。ああ、すっごくかわいいですよ。
イラスト FUMI

靴下の穴がポッコリこんにちは
 福岡・飯塚2年 織田悠里花
 足の親指なんかも、意外とかわいいものです。

お年頃きれいにネールアートして
 松江市女1年 園山 菜々
 校則にあるのでしょうか。なければ別に…。

学校に持ってきちゃったタラバガニ
 出雲農林2年 黒田航太郎
 なぜ、そんなもの持ってくるのか。ぜんぜん分からぬところが気に入った!

全員の気持ちを込めたプレゼント
 開星3年 細田 晃史
 サプライズを狙ったわけですね。こういう「隠す」もあった…。

2017年5月13日 無断転載禁止

こども新聞