(3)キツネ 夜行性で用心深い

 松江市の宍道湖北岸に広がる湖北地域。目撃情報を頼りに、東長江町の民家近くの山林に夜行性のキツネを狙い、赤外線センサーを連動させたカメラを設置した。

 ところが、さすがに用心深い。そう簡単には姿を現さない。フィルムを現像しても、写っているのは犬や猫。風雨でセンサーが誤作動もした。

 ポイントを変えながら撮影し続け、およそ一カ月。「駄目か」とあきらめかけていたころ。キツネと思われる足跡を見つけ、カメラを設置した。早朝、確認に行くと数コマ、フィルムが巻き上がっている。二コマほど、餌をくわえたキツネが写っていた。

 近くの農業松浦重道さん(71)は「この前、保健所が設置した野良犬用の罠(わな)にかかったが、キツネということで放されてしまった。まぁ、悪いことをしなければいいんですが」と、裏山に目をやった。(文と写真・写真部 小滝達也)
夜間、民家近くに姿を現したキツネ=松江市東長江町

2003年5月20日 無断転載禁止