(4)キ ジ 躍動する鮮やかな羽

 「ケーン、ケーン」-甲高い鳴き声を発した後、羽をバタバタさせる雄のキジに出雲平野で出くわした。被写体として不足はない。しかし、薄暗かったのと動きが素早く、すぐにファインダーから姿を消した。

 キジは国鳥で、人里にも一年中姿を見せる。大空高くは飛べないが、雄は尾が美しく優雅な雰囲気を感じさせる。一万円札に雄、雌の両方が描かれ、昔から日本の童話や、絵画などにもよく登場している。

 今月初旬の夕暮れ時、少し逆光気味の中、鮮やかな羽を広げた姿を再び見つけた。千数百ミリの望遠レンズを構え、一気にシャッターを押した。躍動感に満ちあふれていた。(文と写真、写真部 小滝達也)
羽をバタバタさせながら甲高い声を上げるキジ。躍動感に満ちあふれていた=島根県斐川町、出雲平野

2003年6月26日 無断転載禁止