9、10月の重大ニュース

▽新潟中部で地震35人死亡
 10月23日午後5時56分から同6時34分の間に、新潟県中越地方で震度6強の地震が3回あった。震度6弱や5強など、余震とみられる大きな揺れが断続的に発生した。小千谷市と長岡市、十日町市などで倒壊した家屋の下敷きの小学生3人や、避難先の車の中で過労死するなど計35人が死亡した。27日には土砂崩れで埋まった車の中から2歳男児が奇跡的に救出されたが、3400人以上が負傷。水道、道路などライフラインが寸断され、10万人を超す住民が避難した。約29万戸が停電し、土砂崩れや火災が発生した。200キロで走行中の上越新幹線が新潟県内で脱線し1.6キロ走行したが、けが人はなかった。
 気象庁は「平成16年新潟県中越地震」と命名。政府は24日に非常災害対策本部を設け、救援物資の搬送やヘリ救助にあたった。
 気象庁は「内陸部で起きた震源の浅い直下型地震。引き続き最大で震度6強規模の余震が、多数回発生する恐れがある」と呼び掛けた。最初の地震の震源は深さ約13キロ、マグニチュード(M)は6.8。瞬間的な揺れの強さを表す最大加速度は1995年1月の阪神大震災818ガルを大きく上回る1500ガル(小千谷市)。

▽イチローが262安打で更新
 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(30)=本名鈴木一朗=は10月1日(日本時間2日)、本拠地シアトルでのレンジャーズ戦で1回に左前打、3回に中前打と2打席連続安打を放ち、シーズン258安打の大リーグ新記録をマークした。その後も最終試合まで安打を打ち続け、年間262安打の快記録を樹立した。
 1920年にジョージ・シスラー(ブラウンズ)が樹立し、主要な打撃記録の中で最も長く破られず、不滅の記録といわれた257安打を84年ぶりに塗り替えた。イチローはオリックス時代の94年にプロ野球最多のシーズン210安打を記録し、日米で歴代1位となった。

▽第2次小泉改造内閣が発足
 小泉純一郎首相は9月27日、第2次改造内閣の顔触れを決めた。竹中平蔵経済財政相が留任し、郵政改革担当相を兼務。外相には町村信孝氏が起用された。谷垣禎一財務相、麻生太郎総務相、中川昭一経済産業相、小池百合子環境相、細田博之官房長官も留任した。
 公明党からは国土交通相に北側一雄氏を起用。南野知恵子法相、中山成彬文部科学相らが初入閣。女性閣僚は2人で小池、南野両氏。民間からの起用はなかった。

▽台風23号過去20年で被害最大
 大型で強い台風23号は高知に上陸後、猛烈な風と雨を伴い日本列島を縦断し、各地に深い傷跡を残した。死者・行方不明者が93人となり、過去20年で最大の被害となった。鳥取市で屋上から強風のため転落して男性1人が死亡した。京都府舞鶴市では水没したバスで37人の乗客が一晩過ごし、兵庫県出石町では出石川が決壊して小学校に避難した住民80人が孤立し、各地で避難住民の救出作業に追われた。負傷者は351人に上った。建物全半壊が100棟を超え、家屋浸水被害は8000棟以上、がけ崩れも多発し、関西、四国地方を中心に約29万人に避難勧告が出された。79年10月の台風20号で計115人の死者・行方不明者が出て以来の被害となった。9月7日に山陰を直撃した台風18号で全国の死者・不明者は45人、21号では同27人に上った。今年の上陸台風は10個目で、年間最多記録を塗り替えた。

▽山陰で琴浦町皮切りに合併相次ぐ
 「平成大合併」で山陰両県初となる鳥取県琴浦町が9月1日、誕生した。旧東伯町と旧赤碕町が合併し、旧両町役場でそれぞれ本庁舎と分庁舎の開庁式をして関係者が新町の発展を祈った。鳥取県内では10月1日に湯梨浜町と南部町が産声を上げた。旧東郷、羽合、泊3町村の合併で発足した湯梨浜町の町長選は10月24日投開票され、旧東郷町長の山本庸生氏(71)が旧羽合町助役らを退けて初当選。
 島根県内では、10月1日に新「安来市」と新「江津市」、隠岐の島町、邑南町、美郷町がそれぞれ合併スタート。旧安来市と旧広瀬、伯太両町の合併に伴う新安来市長選は10月24日投票され、即日開票の結果、旧安来市長の島田二郎氏(51)が対立候補を大差で退けて初当選した。

▽ロシアで学校占拠のテロ惨事
 ロシア南部北オセチア共和国の東部ベスランで9月1日朝、爆発物を身に着けた武装集団が学校に突入。警官との銃撃戦の末に児童・生徒ら1181人を人質にとって体育館に立てこもった。犯人グループは、隣接するチェチェン共和国からの連邦軍撤退を要求、攻撃を受ければ学校を爆破すると警告。52時間後の3日、ロシア特殊部隊が強行突入し、激しい銃撃戦と校舎爆破に児童ら人質が巻き込まれて330人以上が死亡、約700人が負傷、160人が不明となった。武装グループは自爆したり、銃殺されるなど32人のうち31人が殺された。

▽日本プロ球界初のスト
 労働組合・日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)は9月6日、神戸市内で臨時運営委員会を開き、オリックスと近鉄の球団合併の1年間凍結などの要求が受け入れられない場合、11日以降、9月中の毎週土日すべての公式戦でストライキを行うことを決めた。その後の交渉は決裂し、2日間、日本のプロ野球で初めてストライキが決行された。

▽西武が12年ぶり日本一
 プロ野球の日本シリーズは第7戦までもつれ込み、10月25日ナゴヤドームで行われた最終戦で、西武が7-2で中日を下して4勝3敗とし、12年ぶり9度目の日本一となった。西武の伊東勤監督は02年の巨人・原辰徳監督以来、史上7人目の就任1年目での日本一監督になった。最高殊勲選手(MVP)には石井貴投手が選ばれた。
 西武はレギュラー・シーズンではダイエーに次ぐ2位だったが、今季からパ・リーグが導入したプレーオフの第1ステージで3位の日本ハムを破り、第2ステージでも王者ダイエーに競り勝ち、日本シリーズに進出した。

▽宅間死刑囚の死刑執行
 大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)で2001年6月、児童8人を殺害、教師を含む15人に重軽傷を負わせたとして殺人などの罪に問われ、一審大阪地裁判決が確定した宅間守死刑囚(40)の死刑が9月14日、収監先の大阪拘置所で執行された。
 昨年9月末の死刑確定から1年弱の極めて異例な早期執行。宅間死刑囚は確定直後に「できれば3カ月以内の執行を望む」とする手紙を弁護団を通じて公表、遺族側も強く早期の執行を求めていた。

2004年11月1日 無断転載禁止

こども新聞