新規実践校を募集 島根県NIE推進協

 授業での新聞活用に取り組んでいる島根県NIE推進協議会(会長・有馬毅一郎県立女子短大学長)が、2006年度の新規NIE実践校を募集している。対象は県内の小学校と高校。

 実践校になると、秋から新聞購読料の助成があるほか、教室で新聞各社の記者から直接話を聞いたりするオリエンテーション(記者派遣授業)や新聞社見学などができる。期間は原則2年間。

 実践校になれば、NIE運動に取り組む教師の人数に応じて全国紙や地方紙を最大8紙、2-4カ月間無料で購読できる。

 県内の実践校指定枠は6校。中学2校は本年度に続いて継続する。

 教育関係団体、新聞8社などで組織する県NIE推進協議会が選考、日本新聞教育文化財団に推薦する。応募締め切りは3月3日。

 申し込み・問い合わせは〒690-8668、松江市殿町383、山陰中央新報社編集局内、島根県NIE推進協議会事務局(電話0852・32・3321)。

2006年1月17日 無断転載禁止

こども新聞