政府、インドをWTOに提訴 鉄鋼輸入制限で協定違反

政府は9日、インドが発動した鉄鋼製品に対する緊急輸入制限(セーフガード)が世界貿易機関(WTO)協定に違反する可能性があるとして、WTOに提訴したと発表した。2月上旬にインドと協議してセーフガードをやめるよう求めたが、応じなかったため提訴に踏み切った。早ければ年内にも判断が示される見通しだ。

インドに強い姿勢で臨み、他国による同様のセーフガード発動をけん制する狙いもある。米トランプ政権下の米通商代表部(USTR)も1日発表した年次報告書でセーフガードを活用する方針を表明しており、保護主義的な動きが広がるのを食い止めたい考えだ。

共同通信社 2017年3月9日 無断転載禁止