IH女子、道路建設が18度目V 全日本選手権最終日

 道路建設ペリグリン―西武 第3ピリオド、攻め込む道路建設ペリグリン・大沢(左)。右は西武・床亜=月寒体育館

アイスホッケーの全日本女子選手権最終日は26日、札幌市月寒体育館で行われ、道路建設ペリグリンが決勝で西武を延長の末に2―1で下し、2大会ぶり18度目の優勝を果たした。

0―1の第2ピリオド終盤に日本代表DF小池の2試合連続得点で追い付き、延長では終了間際に代表で主将のFW大沢が決勝ゴールを奪った。

3位決定戦も延長までもつれ、ダイシンが御影グレッズに1―0で勝った。

共同通信社 2017年3月26日 無断転載禁止