HP小野塚「大いに活用する」 地元の練習施設充実で意欲

 改修工事を終えたトレーニングセンターのオープン式典に出席した小野塚彩那(右)=1日、新潟県南魚沼市

3月にスペインのシエラネバダで開催されたフリースタイルスキー世界選手権のハーフパイプ(HP)で、日本勢初の金メダルを獲得した女子の小野塚彩那(石打丸山ク)が1日、地元の新潟県南魚沼市で、改修工事を終えた同市トレーニングセンターのオープン式典に出席した。

既存の体育館のリニューアルに伴い、小野塚が要望していた跳躍器具やトレーニングジムも新設された。施設の充実に「夏の合宿などで大いに活用させてもらい、皆さんの期待に応えられるよう頑張る」と満足そうに話した。

4月いっぱいは雪が残る岐阜県のスキー場で練習する。

共同通信社 2017年4月1日 無断転載禁止