バスケ、川崎が中地区で優勝 Bリーグ

 中地区優勝を決め、歓声に応える川崎の選手たち=横浜国際プール

バスケットボール男子のBリーグは1日、横浜国際プールなどで9試合が行われ、中地区首位の川崎が同5位の横浜を85―68で退けて40勝8敗とし、地区優勝を決めた。西地区制覇の三河に続いてリーグ2番目。既に年間王者を決めるプレーオフのチャンピオンシップ進出は確定していた。

川崎は38―43で折り返した第3クオーターに27点を奪って逆転。その後もファジーカスを軸とした攻撃で点差を広げた。

東地区首位の栃木は同2位のA東京を80―66で下し、7連勝で39勝9敗とした。A東京は36勝12敗。西地区の三河は京都に82―69で勝って連勝を7に伸ばした。

共同通信社 2017年4月1日 無断転載禁止