アップル、インドで生産へ 政府と合意間近、米紙報道

 アップルストアの前で携帯電話を操作する男性=2016年5月、北京(AP=共同)

【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは26日、IT大手アップルが自社製品をインドで生産することで、同国政府との合意に近づいていると報じた。巨大市場で現地生産し販売拡大につなげる狙いがある。関係者の話としている。

アップル製品の最終組立工場がインドにできれば初めてとなる。現在、組立工場の大半は中国にあり、今後はインドが主要拠点に浮上する可能性がある。

同紙によると、アップル幹部が25日、インド政府高官と首都ニューデリーで協議した。ある高官は「ほぼ合意に至った」と話した。インドの財務省は今後、アップルの求めている関税の優遇措置などを検討。

共同通信社 2017年1月27日 無断転載禁止