銀山街道の赤名峠に国境の碑復元へ

120年ぶりに赤名峠に復元されるこになった国境の碑=広島県三次市布野町、八幡神社
 江戸時代に島根、広島県境の銀山街道・赤名峠に置かれ、現在は広島県三次市にある国境の碑が、百二十年ぶりに島根県飯南町の同峠に戻されることになった。「石見銀山の世界遺産登録を後押ししたい」と同市の住民組織が提案。二十四日に復元セレモニーがある。

 碑は高さ百七十センチ、幅二十四センチで「従是(これより)南 藝州領」と刻まれている。一八三二年ごろに峠に設置され、難所を行き交う銀の運搬人を見守った。一八八七年に三次市布野町の八幡神社に移設。市の重要文化財に指定されている。

 三次市内の一部で銀山街道と、島根県東部と広島を結ぶ出雲街道が重なることから、旧道の景観づくりで町おこしを図る布野町まちづくり連合会が「沿線住民として世界遺産化を支援したい」と、飯南町側に復元を持ち掛けた。

 セレモニーの当日は、飯南町と三次市の住民が参加して、県境を接する赤名峠の頂上付近で、国境の碑を大八車に載せて運ぶほか、案内板を除幕して、古くから陰陽を結ぶ交通の結節点だったことに感慨を新たにする。

 布野町まちづくり連合会の升井紘アドバイザー(62)は「石見銀山へ通じる者として国境の碑を守り伝えるのは義務」と強調。飯南町銀山街道を訪ねる会の安原征治会長(69)は「県境を越えた町づくりに生かしていきたい」と話した。

2007年6月16日 無断転載禁止