石見銀山で来月2日に記念イベント

 石見銀山遺跡が正式に世界文化遺産登録される二日、おひざ元の大田市大森町では祝賀パレードなど登録記念イベントが盛大に催され、参加者全員で喜びを分かち合う。

 イベントは、大田商工会議所や銀の道商工会、石見大田法人会、同市観光協会など民間十団体でつくる実行委が企画。

 祝賀パレードは同日午後七時半から、代官所跡前を出発し、石見銀山公園までを練り歩く。実行委メンバーや地元住民ら約三百人がちょうちん行列で町並みを彩る。

 同公園では記念式典があり、竹腰創一同市長や寺戸隆文同商工会議所会頭らがあいさつ。続くアトラクションでは神楽や天領太鼓が披露され、もちまきなどもある。

2007年6月29日 無断転載禁止