正式登録祝い市民ちょうちん行列

世界遺産登録決定を祝い、ちょうちんを手に大森町の町並み保存地区を練り歩く大田市民たち=大田市大森町
 石見銀山遺跡が世界遺産に正式登録された二日夜、おひざ元、大田市大森町では、登録記念イベントが盛大に開かれ、約千人の市民が歓喜に沸いた。

 午後七時半、大森代官所跡前から、ちょうちん行列がスタート。石見銀山公園まで続く町並み約一キロを、ちょうちんや小旗を手に練り歩いた。

 公園のステージでは合唱、神楽などがにぎやかに繰り広げられ、祝賀ムードが最高潮に。市民は互いに声を掛け、手をたたき、歴史的な日を共に迎える喜びを分かち合った。

2007年7月2日 無断転載禁止