石見銀山の清水谷製錬所 内部写真2点見つかる

コークスを燃やして蒸気を発生させた横置き多管式煙管ボイラーを撮影した古写真「清水谷製錬所内部■錐」 (注:■はサンズイに氣)
 世界遺産に登録された大田市大森町の石見銀山遺跡で、明治期の銀生産を担った清水谷製錬所の建物内部を撮影した写真2点が見つかった。同製錬所は石見銀山遺跡を代表する近代遺産だが、操業期間が短いため、謎が多く、従来、外観の写真が伝わるだけだった。研究者は「内部の設備や技術が分かる極めて貴重な資料」と注目する。

 登録を記念して9月、東京都国立市の無職安江信実さん(72)が、石見銀山資料館に寄贈した写真46点に含まれていた。大森町出身で、大森鉱山の役員か顧問を務めたとみられる安江さんの祖父・故国太郎さんが、撮影したとされる。

 「清水谷製錬所内部■錐(きかん)」「同製錬機械動力」と、それぞれ記された写真。

 同資料館で確認した愛知県立豊川工高教諭で中部産業遺産研究会の天野武弘副会長(61)によれば、「■錐」はコークスを燃やして蒸気を発生させた横置き多管式煙管ボイラー。明治20年代の初期のボイラーで、欧州からの輸入品とみられる。また、「製錬機械動力」はボイラーからの蒸気でピストンを動かした機関室が写る。

 天野副会長は「非常に大型の蒸気機関で相当大きな動力が使えた。経費を投じ、蒸気の発生率が良い、最新設備を導入したことが分かる貴重な資料」と評価する。

現在の清水谷製錬所跡。高さ33メートル、8段の石垣が残る=大田市大森町
 安江さんは「価値があると聞き、うれしい。祖父の写真帳を石見銀山の研究に有効活用してもらえれば幸い」と話す。

 石見銀山資料館の仲野義文館長(42)は「製錬所の内部写真は極めて貴重。東京大に伝わる設計図と照合すれば、より構造が分かるのでは」と期待。「ほかにも地元に貴重な資料が眠っている可能性があり古い資料を見直してほしい」と話した。

 (注:■はサンズイに氣)


 清水谷製錬所 仙ノ山の中枢・本谷地区に掘られた石見銀山最大の坑道・大久保間歩の再開発を目指し大阪の藤田組が建設。明治28(1895)年4月から操業を始めた。現在価格で約20億円を投入。酸やアルカリ溶液で鉱石から銀を溶かした後に銀を取り出す最新技術が導入されたが、鉱石の品位が悪く1年半で操業を中止。建物は残っておらず、谷の斜面を利用して8段の石垣を築いた遺構が伝わる。

2007年10月19日 無断転載禁止