(63)コガモ 色鮮やか愛くるしい雄

湖面をゆっくり泳ぐコガモの雄。かわいらしい顔が印象的だ=松江市大垣町
 晩秋の宍道湖北岸(松江市大垣町)。夕暮れが訪れると、水鳥の数が日に日に増えているのが分かる。その中にコガモの雄を見つけた。愛くるしい姿が印象的だ。

 コガモはカモ目カモ科。全長38センチから43センチで、日本に飛来するカモの中でいちばん小さい種類。雄は頭が茶色で目の周囲から後ろが緑色、嘴(くちばし)が黒色なのが特徴だ。

 湖沼や池、河川などに生息し、藻類や植物の種、葉などを好んで食べる。ユーラシア大陸北部などから、日本には冬鳥として渡来し、全国各地で越冬する。ほとんどが北帰行するが、一部が本州などに残るという。

 警戒心が強く、なかなか岸に寄って来ない。しばらく眺め、横向きになったところを超望遠レンズで迫った。雄の体は色鮮やかだった。

2007年11月1日 無断転載禁止