創作能「石見銀山」が大田で上演

銀の精と佐毘売山神社の女神が舞う創作能「石見銀山」の後場=大田市大田町、大田市民会館
 石見銀山遺跡の世界遺産登録を記念した創作能「石見銀山」が11日、大田市の大田市民会館で上演され、市民ら600人が銀山の繁栄を祝う華やかな舞を堪能した。

 江戸中期、大森で作られた謡曲「石見銀(いわみがね)」を基に、石見銀山歴史文献調査団長を務めた脇田晴子城西国際大客員教授が能楽に仕上げ、地元で初めて披露された。

 銀山に住む老夫婦が仙ノ山で旅人を案内する前場は幽玄な雰囲気を演出。クライマックスの後場では、一転して老夫婦が銀の精と佐毘売山(さひめやま)神社の女神に化身し、白銀と天女のきらびやかな衣装で対の舞を演じ、客席から惜しみない拍手が送られた。

 上演を前に脇田氏と山陰民俗学会理事の多田房明氏、石見銀山ガイドの会の西本俊司会長がてい談。脇田氏は「石見銀」を「大森の文化の高さを示す」と評価し、多田氏は「銀山周辺に伝わる多くの優れた無形文化財に触れてほしい」と望んだ。

2007年11月12日 無断転載禁止