大田市が世界遺産センター展示棟・収蔵体験棟の整備方針

 大田市は、世界遺産に登録された石見銀山遺跡の価値や歴史を紹介する世界遺産センター(大森町)の展示棟と収蔵体験棟の整備方針を固めた。坑道や精錬施設を復元するほか、精製法の再現も検討。12月3日の定例市議会初日に関連議案を提出し、議決を経て月内に着工、来年10月にフルオープンを目指す。

 同センターは3棟分棟方式で建設され、10月4日にガイダンス棟がオープン。6万人の来訪者が訪れている。

 展示棟は、鉄筋造一部鉄骨造瓦ぶき一部2階建てで、720平方メートル。銀の採掘が行われた間歩や精錬所建物を一部復元し、銀の大鉱脈を掘り当てた鉱山師・安原伝兵衛が徳川家康から拝領した「辻が花染丁字紋道服」(国重要文化財)のレプリカを作成、展示する。

 収蔵体験棟は、鉄筋造瓦ぶき平屋建てで328平方メートル。出土品を保管し、銀精錬に用いられた灰吹法の再現を検討する。

 両棟の建設費は2億4675万円で、展示工事費は2億475万円。フルオープン後は、島根県と同市の専門職員が世界遺産センターに常駐し、調査研究の拠点として役割を果たす。

2007年11月29日 無断転載禁止