熊谷家の補修開始 大田、20日まで

補修工事と安全点検が始まった熊谷家住宅=大田市大森町
 大田市大森町の石見銀山遺跡内にあり、国の重要文化財に指定されている熊谷家住宅で4日、補修工事と安全点検が始まった。20日までの工期中、無料で見学できる。

 熊谷家は、大森代官所の御用を務め、酒造業を営むなど大森で最も栄えた豪商。同市は土地と屋敷の寄贈を受けたのに伴い、8億円をかけて半解体修理を実施し、2006年4月に開館した。来月には、10万人目の来場者が予想される。

 オープンから2年たって、展示に活用している2つの蔵の床や階段で傷みが生じており、修理し、他の個所の点検もする。工事で、一部の施設が見られないことから、同市が無料とすることを決めた。通常の入場料は高校生以上は500円、小中学生は100円。

2008年2月5日 無断転載禁止