シンポ通し現場啓発 23日に松江で冬季学習会

 島根県NIE推進協議会(会長・有馬毅一郎島根大名誉教授)の研究組織である県NIE研究会(同会長)は、教員や教育関係者を対象に「冬季学習会」を、23日午後1時半から、松江市殿町の県民会館第1多目的ホールで開く。

 学習会は、県内の教員に新聞を教材として児童・生徒に情報を読み解く力を育てるNIE活動への理解を深め、活動を実践、推進する指導者の育成とNIE活動の拡大を図るのが目的。県NIE推進協議会、日本新聞教育文化財団との共催。

 学習会では、「新聞は授業でどのように使えるか」をテーマにシンポジウムを行い、新聞社、教育界代表の4人のパネリストがそれぞれの立場から意見を交換する。

 この後、学校の危機管理などをテーマに多くの著書がある阪根健二・香川大学教育学部准教授が「教育関係者が知っておきたいメディアとのつきあい方」を講演する。

 参加は自由で、一般の聴講も可能。問い合わせは同推進協事務局(山陰中央新報社編集局読者室内、電話0852・32・3325)へ。

2008年2月6日 無断転載禁止

こども新聞