(128)あふち(センダン)

 我妹子(わぎもこ)に楝(あふち)の花は散りすぎず 今咲けるごとありこせぬかも
   作者不詳 巻一〇-一九七三

【歌意】恋しい娘に会うという名のセンダンの花は、散らないで今咲いているままに咲き続けてくれませんか。

 写真 岡田憲佳
 文  矢冨厳夫

2008年5月20日 無断転載禁止