石見の観光ガイド本発刊 施設などで無料配布

石見観光振興協議会が刊行した「石見本’08」
 石見観光振興協議会(会長・宇津徹男浜田市長)が、観光ガイドブック「石見本’08」を刊行した。世界遺産登録された大田市の石見銀山遺跡や地元料理の特集を組み、石見地方の魅力を満載した。道の駅や観光施設などで無料配布している。

 同ガイドブックは石見の地域資源をPRし、観光客誘致につなげようと、年一回刊行している。今回で四号目となり、一万八千部を刷った。

 石見銀山遺跡の特集では、大田市大森地区の名所や、地元企業・中村ブレイスの中村俊郎社長が遺跡の魅力や思い出を語ったインタビュー記事を掲載した。

 料理のコーナーでは、地元産の食材を味わえる料理店やユニークな駅弁を取り上げ、季節の祭りや旬の料理を紹介するカレンダーも載せた。

 問い合わせは、島根県西部県民センター商工労政事務所(電話0855・29・5646)。

2008年6月6日 無断転載禁止