新たに江山中(鳥取)、三朝中 本年度のNIE実践3校承認

総会の冒頭にあいさつする高取憲一郎会長(写真奥)
 鳥取県NIE推進協議会(会長・高取憲一郎鳥取大教授)の総会が十一日、鳥取市内であり、教育現場に新聞を活用する本年度の県内NIE実践校に、新規校として江山中(鳥取市)と三朝中(三朝町)を、継続校として鳥取中央育英高(北栄町)の三校を承認した。

 県教委や実践校の教諭、新聞各社の総支局長ら約二十人が出席。実践校の承認に加え、昨年度の活動報告として鳥取東中(鳥取市)の担当教諭は、生徒が興味を引いた記事をスクラップし自身の意見を添える「コラムノート」や、表彰などで生徒の氏名が載った記事の校内掲示などを紹介した。一方、高取会長はあいさつで「全国共通の課題だが、教員の多忙もありNIEがなかなか学校に根付かない」と課題も述べた。

 昨年度の県内実践校は鳥取中央育英高、鳥取東中、岩美南小(岩美町)の三校だった。

2008年7月14日 無断転載禁止

こども新聞