(165)わすれぐさ(ノカンゾウ)

 忘れ草我が紐(ひも)に付く時となく 思ひわたれば生(い)けりともなし
 作者不詳 巻一二-三〇六〇

【歌意】物思いを忘れたいと忘れ草を着物の下紐に付けました。暇もなく思い続けていたのでは生きている実感が持てません。
 写真 岡田憲佳
 文  矢冨厳夫

2008年7月30日 無断転載禁止