(169)ときじきふぢ(ナツフジ)

 わが屋(や)前(ど)の非時藤(ときじきふぢ)のめづらしく 今も見てしか妹(いも)が咲容(ゑまひ)を
   大伴家持 巻八-一六二七

【歌意】わが家の庭先に季節はずれに咲いている藤の花のように、今にもあなたの愛らしい笑顔を見たいものです。

 写真 岡田憲佳
 文 矢冨厳夫

2008年8月6日 無断転載禁止