(181)おほゐぐさ(フトイ)

 上毛野(かみつけの)伊(い)奈(な)良(ら)の沼の大藺草(おほゐぐさ) 外(よそ)に見しよは今こそまされ
   柿本人麻呂歌集 巻一四-三四一七

【歌意】上野の伊奈良の沼に茂っているフトイのように、刈りに行かず、外から眺めるよりは会った後の方が恋しいものです。

 写真 岡田憲佳
  文  矢冨厳夫

2008年8月28日 無断転載禁止