(186)はぎ(ヤマハギ)

 高円(たかまと)の野(の)辺(へ)の秋萩いたづらに 咲きか散るらむ見る人なしに   笠金村 巻二-二三一

【歌意】高円の野辺の秋萩はむなしく咲いては散っていることでしょう。誰も見る人もなくて。

 写真 岡田憲佳
  文  矢冨厳夫 

2008年9月6日 無断転載禁止