(187)あは(アワ)

 足柄(あしがら)の箱根の山に粟(あは)蒔(ま)きて 実(み)とはなれるを粟無くもあやし
   作者不詳 巻一四-三三六四

【歌意】足柄の箱根の山に粟をまいて無事に実ったというのに粟がない-会わないとは妙なことです。

 写真 岡田憲佳
 文 矢冨厳夫

2008年9月8日 無断転載禁止