(197)からあゐ(ケイトウ)

 我がやどに韓藍(からあゐ)蒔(ま)き生(お)ほし枯れぬれど 懲(こ)りずてまたも蒔(ま)かむとぞ思ふ

   山部赤人 巻三-三八四


【歌意】私の家に庭にケイトウの種を蒔いて育て、それが枯れてしまいましたが懲りずにまた蒔こうと思います。


 写真 岡田憲佳 
  文 矢冨厳夫

2008年9月28日 無断転載禁止