銀山街道を走りませんか 23日に飯南で駅伝

 銀山街道尾道ルートを生かした地域おこしに取り組む、飯南町の赤名地域まちづくり連合会と広島県三次市の布野町まちづくり連合会は、二十三日に県境の赤名峠で開催する「国盗(と)り駅伝大会」の参加チームを募集している。

 競技は赤名峠をスタートし、両市町のふもとまでを往復する5区間8・6キロ(標高差40メートル)。一般男子、一般女子、小学生以下の計三部門で実施し、上位チームに地元産米を贈るほか、特産品の参加賞もある。参加料は一チーム三千円(スポーツ保険料含む)。募集は二十チームに達し次第締め切る。

 主催する両住民団体は、四月にも両地域の「国境」を懸けた戦い、と銘打った国盗り綱引き大会を開催。今大会も勝った方が五十センチほど「領地」を拡大するルールを適用し、銀山街道を通じた町づくりを盛り上げたい考え。

 問い合わせは同まちづくり連合会(電話0824・54・2119)。

2008年11月8日 無断転載禁止