(220)へ(舳)

 大船を舳(へ)ゆも艫(とも)ゆも堅(かた)めてし 許曽(こそ)の里人(さとびと)あらはさめかも
   作者不詳 巻一四-三五五九

【歌意】大船を舳先も艫も綱で固く結んだように二人は固く契った仲ですから、許曽の里人もばらすことはないでしょう。

 文 矢冨厳夫
 写真 伊藤英俊

2008年11月26日 無断転載禁止