迷惑メール刑事罰対象に

 毎日、迷惑メールが送られてきて困っています。どうすればいいでしょうか。



 昨年12月1日から迷惑メールへの規制が強化され、消費者があらかじめ請求や承諾をしていない電子広告メールを事業者が送ることは、原則禁止となりました。

 もしも、承諾した覚えのない電子メール広告が送られてきた場合は、そのままメールを財団法人日本産業協会の情報提供アドレスspam‐in@nissankyo.jpに転送ください。

 また、受信を拒否したのに同じ事業者から再度電子メール広告が送られてきた場合も、そのままメールを同アドレスに転送するか、協会ホームページを通じて、その事業者の情報をお知らせください。

 今回の規制強化により、迷惑メールを送信した事業者は行政処分の対象となるとともに、刑事罰(100万円以下の罰金)の対象にもなりました。迷惑メールの情報をぜひ提供いただき、迷惑メールを撲滅しましょう。

 迷惑メールの規制強化に関する情報は、経済産業省のホームページにも掲載されています。参考にしてください。

 (情報提供=島根県消費者センター電話0852・32・5916、同石見地区相談室電話0856・23・3657)

2009年1月12日 無断転載禁止