登録料請求する内職商法

 新聞の折り込みチラシに内職の求人広告が載っていたので資料請求した。電話で面接後、紙吹雪作製の材料と引き換えに登録料3万円を支払った。1セット作ると500円になり、100セット(5万円分)を作ったが、検品が厳しく2000円しか入金されなかった。


  契約後20日以内であれば、クーリングオフ制度により無条件で解約ができ、支払ったお金は全額返金されます。また20日を過ぎていても、契約書がなかったり、あったとしても不備があることが多く、解約交渉が可能な場合があります。

 この手の業者の多くは、初めから報酬を払う気はなく、検品という名目で難癖をつけてきます。中には、初めに数十万円もの登録料などを求めてくる業者もおり、短期間で行方をくらましています。被害に遭った場合は早急にご相談ください。

 景気悪化の影響からか、内職や副業に関する相談が増えています。紙吹雪のほかにもボールペンの試し書き、折り鶴折り、アクセサリー作り、メニュー書き、あて名書き、はし袋折りなどで同様の相談がありました。

 最近では、インターネットを使って自宅に居ながらお金を稼ぐこともできる、ドロップシッピングやアフィリエートについての相談も寄せられています。

 簡単に高収入が得られると誘い、仕事を始める前に、登録料や保証金などの名目でお金を支払わせる業者が多くいます。注意してください。

 (情報提供=島根県消費者センター電話0852・32・5916、同石見地区相談室電話0856・23・3657)

2009年3月2日 無断転載禁止