目指そう美しい国府 浜田・国府小学校

 「地域の環境」テーマに学習

 国府小学校(浜田市国分町)の6年生(46人)は昨年度、「地域の環境」をテーマに、1年を通じて総合的な学習に取り組みました。その成果を発表します。

 ▽空気の調査 調査地30%で酸性雨確認

 まずは、私たちを取り巻く「空気」について調べてみました。空気の汚れを調べるために、私たちは、空から降ってくる雨を調べることにしました。私たちは、各家庭で雨を集めました。そして、それぞれの酸性度を、簡易測定キットを使い調べました。結果、四十四カ所の調査ポイントのうち、十三カ所、約30%で酸性雨が確認できました。私たちが思っている以上に空気が汚されていることを知りました。

    ↓↓

 ▽川の調査 水質は数年前よりも改善

 私たちの住む国府地区は、夏に多くの海水浴客でにぎわう国府海岸を挟み、西の下府川と東の唐鐘川からなっています。水の豊かな場所で川や海は一見きれいに見えますが、実際はどうなんだろうと思い、調べを進めました。

 唐鐘川、下府川の河口から上流に向けて水をくみながらさかのぼって行きました。その水のCOD値を簡易測定キットを使い調べ、汚れ具合を測りました。

 CODの値は小さければ小さいほど、水がきれいだということになります。唐鐘川は平均で10、下府川は7でした。きれいな川とまでは言えませんが、やや汚れた川くらいの水質だということが分かりました。

 数年前にも同じ調査をしていますが、その時より水質が良くなっていました。特に唐鐘川は、四倍くらい水質が良くなっているというデータでした。

    ↓↓

 ▽浄化センター見学 「微生物の力借用」に驚き

 水質調査で川の水が昔より、きれいになっているということはうれしいのですが、なぜきれいになってきたのかが分かりません。ヒントを得るため、校区内にある国府浄化センターに行きました。

 浄化センターでは、国府地区の下水道から下水を集め、それをきれいにしてから下府川に流しているそうです。

 見学に行って驚いたのは、水をきれいにするために微生物の力を借りているということでした。その微生物が活躍できるよう、水をかき混ぜたり酸素を送り込んだりしている様子も見せてもらいました。

 川を汚す一番の原因は私たちが出す家庭排水だそうです。それを目では見えないような微生物に助けてもらっているのです。ありがたいような、情けないような気分になりました。

 今後は、家庭排水を少しでもきれいにするため、油分やみそ汁を流さないように気をつけたいと思います。

    ↓↓

 ▽地域の方に話を聞く きれいな川へ住民が努力

 国府浄化センターを見学した後日、地域の方の気持ちも聞きたくなりました。元唐鐘自治会長で唐鐘川の浄化に努めておられた鵜飼育平さん(79)を学校に招き、話をうかがいました。

 唐鐘川では昔、洗濯物ができたり、川エビが取れたりしたそうです。それが化学洗剤や廃油などのために少しずつ汚されていきました。

 地域の人はそれではいけないと、唐鐘川をきれいにする活動を続けてこられました。ごみ拾いや除草作業をはじめ、美化の呼び掛けなどです。

 国府浄化センターもそうした努力の結果、できたそうです。

 鵜飼さんは話の中で「これからの国府地区をきれいにしていくのは、あなたたちですよ」とおっしゃっていました。その言葉を聞いて、私たちに何ができるのだろうと考えました。

    ↓↓

 ▽行動を起こそう 海岸清掃拾いきれぬごみ

 地域をきれいにするために私たちに何ができるか考えました。

 各家庭でできることのほかに、学校のすぐ北側に広がる国府海岸の清掃活動をすることにしました。

 夏ににぎわう国府海岸も、冬はひっそりとしています。ですが、ごみは逆に多かったように感じました。

 七回に分けてごみを拾いましたが、四百キログラム以上取りました。それでも拾いきれないごみがあちこちに落ちています。中には、注射器やガスボンベ、ライターなど危険なごみもありました。

 また、ごみに書いてある字を読むと外国のものがあったり日本のものもありました。

 なぜ、ごみを海や川に投げ込むのでしょうか。ごみを拾う人の気持ちは考えないのでしょうか。

 私たちは、悲しい気持ちになりながら、少しでも国府海岸をきれいにしようとごみを拾いました。


 ▽まとめ 一人一人ができることを

 私たちは、清掃活動や調査・実験を通して環境を汚す人たちの無責任さを知りました。またその逆に、浄化センター見学や地域の方の話から、環境を守る努力の大切さを学びました。環境を汚すのも守るのも、人がすることなのです。まずは私たち一人一人ができることをして、地域をきれいにしていきましょう。それが「はじめの一歩」になるのですから。

 (浜田市立国府小学校六年生一同)


 ▽地域の皆さんへ~私たちからの提言

・食器の油はふきとりましょう

・食器洗剤は控えめに

・たばこや空き缶のポイ捨てはやめましょう

・ごみの分別をきちんとしましょう

唐鐘川の水の汚れを簡易測定キットを使って調べました。まだまだ汚れているものの、昔よりきれいになっていることが分かりました
国府浄化センターを見学しました。微生物で水をきれいにしていると聞いてびっくりしました
唐鐘川の浄化活動に尽力された鵜飼育平さんを教室に招いて話を聞きました
国府海岸で清掃作業を行いました。たくさんのごみがありました
国府小学校6年生の皆さん

2009年4月29日 無断転載禁止

こども新聞