石見銀山・仙ノ山 観光タクシー試験運行

 大田市や島根県旅客自動車協会大田支部などは、世界遺産・石見銀山遺跡の中核をなす同市大森町の仙ノ山(標高約五三七メートル)山頂付近の展望台まで上る観光タクシーを二日から五日間、試験運行する。歩いて登れない高齢者らに同町一帯や島根半島などの眺めを知ってもらい、新たな観光ルートの開発を進める狙い。

 ルートは石見銀山世界遺産センター前を発着場に、銀山公園を経由し、一般車両が通行できない市道仙ノ山線を経由し展望台に向かう約六キロ、往復約一時間。山頂付近にある十六世紀前半の石銀(いしがね)集落跡も見ることができる。

 タクシーは四台。午前九時から一時間半おきに五回運行する。料金は乗り合いで一人千円程度。事前予約は不可。同市では「利用者のニーズなどを踏まえて本格運行を検討したい」としている。

2009年5月2日 無断転載禁止