銀山公園きれいに 島根中央信金職員が清掃奉仕

大田市大森町の銀山公園で、草刈りなどの清掃奉仕に励む島根中央信用金庫の職員たち
 世界遺産・石見銀山遺跡がある大田市大森町の銀山公園で13日、島根中央信用金庫(出雲市今市町)の職員約100人が清掃奉仕に取り組み、草刈りなどをして汗を流した。

 1996年から毎年、15日の「信用金庫の日」に合わせ、地域貢献活動の一環で実施している。

 職員らは、かまや草刈り機を用意して早朝、銀山公園に集合。小雨の降る中、観光客が訪れる前に園内や園周辺の草を抜き、木々を刈り込んできれいに清掃した。

 同信用金庫の的場章好理事長(71)は「石見銀山遺跡の環境保全のお手伝いになれば」と話した。

 同日は、出雲市西新町の県花ふれあい公園しまね花の郷や、大田市大田町の神田川周辺でも職員が清掃奉仕に励んだ。

2009年6月15日 無断転載禁止